ハウンド様の新年スペシャル 壱

ハウンドさん  久しぶりのハウンド様だぜ。

あけちまったぜこの野郎!!今年もよろしくな。

ところでお前ら、年末年始は何やってたんだ?

ほうほう、そうかそうか。まあお前らはそんなもんだよなあ。

俺様は有意義に過ごしたぜ!ああ……有意義だった……。

 

 

寒空の下、一匹狼で初日の出を見に行った時の話だ……。

激怒していた。次々と生まれてくる新参ユニット。そして星7、覚醒ユニットの出現。

俺様では、奴らに勝てない。普段は強がっているが、勝てないのが明らかなのだ。

バデン先輩のように強くなりたい……どうして俺様には力が無いんだ……!!

もう、全て諦めてしまおうか。きっと……その方が楽だろう。

キャプチャ   「やあ、どうしたのだ?」

旅芸人さん

不思議な奴だった。お世辞にもご機嫌とは言えない顔の俺様に、

わざわざ話しかけてくる芸人。キザな印象を受けたが目は優しく、

少なくとも俺様には変わってるけどイイ奴に見えた。

ハウンドさん ……周りの奴らが強くなりすぎてよぉ。置いてけぼりなんだ。

キャプチャ どれどれステータスは……うん。これは置いてけぼりだの。

最弱と言っても過言ではないのだ。

ハウンドさん なっ!?喧嘩売ってんのか!?

キャプチャ 違う。最弱なのが、君の強いところなのだ。

ハウンド様の査定会、だっけ?会場を何度か覗いたことがあってね。

強いユニットは、自分が強いから考えることが少ないのだ。

対して君は弱い。しかも最弱レベル。だからこそ、最弱の自分が勝つ方法を考える。

故に、他の弱いユニットが勝つ方法も考えることができた。あの査定会でね。

これって、君だけの才能だと僕は思うのだ。必ずそれは強さになる。

ハウンドさん ……。

キャプチャ いつもの、自信過剰なハウンド様がみんな好きなのだ。

僕ら弱いユニットの希望でもあるのだ。

荒野の英雄バデン様じゃなく、君じゃなきゃダメなこと、たくさんあるのだ。

だから……諦めないでくれたまえ。

ハウンドさん お前……!!

旅芸人は泣いていた。よく見りゃコイツも最弱じゃねえか……。

そうか……俺は。

日の出に向かって俺様は誓う。今年だけとは言わねえ。

俺様は最強のユニット、ハウンド様だ!死ぬまで自分らしく生きてやる!

ハウンドさん おい、旅芸人。明日、査定会を開くんだ。

ゲストは……てめえだ!!

つづく(?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です