警戒メタデッキが許されるのは、18世紀までだっけ?

こんにちわんこ。
えなとんだよ。また性懲りも無く無駄記事を書くよ♪

この前、合コン会場(競技場)でね、15枚の速攻デッキで楽しんでたら、漢字4文字の猛者と鉢合わせちゃって、警戒ばっかり入った恐ろしいデッキにぬっころされたの。

それで、一旦会場を後にして、ふぬぬぅ…って唸ってたら、突然マリーアントワネットが脳内に出現して、ナイスアイデアをくれたんだよ。

警戒にやられたんなら(パンがなければ)、警戒メタデッキを作ればいいじゃない(お菓子を食べればいいじゃない)。だってさ。

マリーさんに心からの感謝しつつ、早速デッキをつくって、4文字さんに練習に付き合ってもらったの。そしたらね。

いやいやいや。そのデッキ、いつ使うの?ぷーくすくす。

って言われて、やっと気付いたの。
警戒メタデッキの出番なんて、どこにもありはしないということに。

うんうんうん。そうだよねぇ。ʕ •́؈•̀ ₎

合コンやってる人が、みんな警戒ユニットばっかりのデッキだったら、使えるかもしれないけど、そんな事はまずないし、ダンジョンやバベルでも、役立ちそうな場所なんて、どこにもないもんねぇ。

またゴミデッキ作っちゃったよ。
イラネ! ( ´_ゝ`)ノ ⌒ ω ポィッ

こんな茶番に付き合ってくれた上に、警戒ユニットは基本的に弱いから、速攻デッキじゃなくてノーマルデッキならふつーに勝てるってことまで、教えてくれて、本当にどうもありが㌧。(ゝω・)vキャピ

良い子は危ないから真似をしないようにねー♪

ではっヾ(・∀・)ノ

警戒メタデッキが許されるのは、18世紀までだっけ?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です